ニュース&トピックス

□ 上州富岡駅

 

 

久しぶりにわくわくします。

不安なことはたくさんありますが、この気持ちは忘れないようにしたいです。

 

ありがとうございます。

□ 東京芸術劇場 中ホール

2012年07月23日

 

東京、池袋駅西口

東京芸術劇場

中ホール

 

この扉を開けるとまるで異次元に来てしまったかのような、そんな錯覚に陥ります。

 

韓国の尚州という小さな町の端の工場で試行錯誤して焼かれた煉瓦です。

大変コントロールが難しい単窯という窯ですが、かつてのホフマン煉瓦(石炭窯)

の風合いを再現出来る貴重な窯なのです。

 

その煉瓦を一つずつただ積み上げるのではなく、まるで爆撃を受けた後のホールのような...

そんなイメージを特殊煉瓦積み技術で実現させていただきました。

 

東京ブリック社の技術を試されるような難しい仕事でしたが

職人は皆とても神経を使い、そしてとても楽しく仕事をさせていただきました。

 

ただ、積み上げるのではなく、このような仕事をする機会を与えていただけたことが

とてもありがたく、煉瓦職人冥利につきる次第です。

 

 

 

 


□ 文京区/個人住宅

平成24年4月12日

 

開口部に透かし積みを設け、アトランダムに開口を配した斬新な手法です。

通りを行過ぎる人たちもふと目を向ける存在感のある建物になりました。

このようなレンガの使い方を実現していただけた設計(ADH様)に感謝します。

 

レンガには色調やテクスチャー、サイズなど無限の可能性を感じます。

ただ、そのことをもう少し多くの人に知ってもらうためのPRが足りないのか、

と最近は考えます。

 

自然で美しい景観をつくることが出来るレンガをもっとPRしていきたいと考えています。

 

 

 


□ 透かし積レンガ

ダウンロード
透かし積レンガカタログ
北海道農材工業株式会社作成
ノーザイ 乾式工法.pdf
PDFファイル 4.5 MB

□ 近代美術館 フィルムセンター(archive Ⅱ)

平成23年5月6日

 

ランダムに大きさやテクスチャーの異なる3種類のレンガを積み上げています。

 

レンガの種類

290×72×d75 (はつり)

290×72×d75 (荒粗面)

290×42×d75 (細粗面)

 

このような斬新な発想を形に変えられることは、れんが屋としてうれしいことです。


□ ハンドメイド調 白レンガ

2011'04'26更新

 

白系色のハンドメイド調れんがです。

れんがの大きさの木枠に少し濡れた砂を入れて(木枠に粘土がくっつかないように)

やわらかい粘土を打ち込んでいくと、ちょうどこのような「しわ」が入るのです。

ヨーロッパでは、この「しわ」をスマイルといって、幸せの象徴と考えているようです。

 

このような表情のれんがは、今までイギリスなどから輸入することでしか使用できない

といった状況でしたが、三河のれんが工場で、その表情の再現が実現しました。

 

色調は、赤系~ベージュ~ブラウン~ブラック、変っているものでは淡いブルーといった

バリエーションでご提案できます。

 

ぜひ一度ごらんいただければと思います。


□ 東京薬科大学総合教育研究棟

 

今までにないレンガスクリーン

 

このたび、東京薬科大学の総合教育研究棟にて

外部足場が解体されて、今までにないレンガスクリーンを

見ることが出来るようになりました。

 

このレンガスクリーンは、れんがの厚み110mm。

高さは約4000mmのレンガスクリーンです。

 

スクリーン幅は、ランダムに配置され、建物にリズム感を

もたらしてくれています。

 

常時・地震時における変形に追従する機構を備えており

実現した工法です。

 

 


□ ヨーロッパのBRICK AWARDS で表彰していただきました。


□ 田園調布学園大学付属こども園

BRICK AWARDS 2010
BRICK AWARDS 2010

□ 立命館大学法科大学院

BRICK AWARDS 2007
BRICK AWARDS 2007

□ 調布学園女子中学高等学校

BRICK AWARDS 2004
BRICK AWARDS 2004